Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

漁師やばい

 

昨日公開した、中西さんの対談は聞いていただけましたか?

月収300万円というのは、中々達成できる数字ではありません。
その全てを引き出しているので、存分に盗んでいただければと。

特にAmazon輸出に取り組む人は必聴です。

中西×君嶋 君嶋組対談
http://ossblog.jp/contents/taidan/nakanishi.mp3



対談の、中西さんが漁師時代の話は衝撃的でしたね。

普通なら100万円稼げるところが、運悪く30万円と…
しかも、自分ではどうにもならないことです。



しかし、eBay等の物販では、そんなことは有り得ません。


僕らみたいな小規模な事業っていうのは、
「小回りがきく」っていうのが最大とも言えるメリットです。

方向転換するのに、失うものが少ないってことですね。


物販なんかは特に、このメリットを活かさなければならない場面が多いです。


例えば、ある商材で、それなりに稼いだ人がいたとします。

が、競合が増えたりとか、その商材のブームが終わったとかで、
売れなくなってしまった時。


こういう状態になると、ほとんどの場合、
「どうやって前の売上に戻すか?」を考えるんですよ。

今の商材で売れてたんだから、それでいけるはずだ、と。


ただ、売れないものは売れない、っていうのは基本です。

本当に売れないのか?を精査するのは大事なことですが、
売れないものを得る努力をするのは無駄。

そういう時は、すっぱり違う商材を探さなければならないのです。


一度稼ぐとこだわりたくなる気持ちもわかりますが、
それは、小回りを活かす僕らがやるべきことではありません。

臨機応変に、今稼げることをやるのが一番です。

月収300万円までの軌跡

 

今日は一つ、対談をお届けしようかと思います。

お相手は、僕のコミュニティ「君嶋組」に所属している、
中西さんという方です。


もともとAmazon輸出で月収100万円くらいを稼いでいたんですが、
君嶋組に入ってさらにその収益を伸ばし、
最高で300万円超、それ以外の月でも200万円ほどは稼げるようになっています。

さらに、元々めちゃくちゃ働いていたのが、
ほとんど手離れして、ほとんど何もせずに収益が生まれてるとのこと。


100万円まで達成した軌跡、君嶋組に入ってから取り組んだことなど、
全て引き出していますので、聞いていただければと思います。

特にAmazon無在庫販売で苦戦してる人は必聴です。


どうぞ!

中西×君嶋 対談
http://ossblog.jp/contents/taidan/nakanishi.mp3

デザインですら、結局は量

 


先日も軽く触れたかと思いますけど、
eBayのストアと出品テンプレートのデザインをリニューアルすべく、
今も専門の業者とやり取りをしています。

英語で細かい話をするのは大変ですね…
ニュアンスなんか全然伝わらないですし。


特に、お願いするのに不慣れな相手だった場合、
こういったデザインとかを発注する上で、
一番意識しなければいけないことがあります。


それは、「丸パクリ」です。


どういうことかというと…

多分、ほとんどの人がデザインに対して、ある程度のイメージとか、
「これとかこれみたいな雰囲気」
っていうものは持ってると思うんですよ。


でもそれって、そのまま伝えたところで、よく伝わりません。

イメージなんて曖昧すぎるからです。
「これとこれを足して二で割る」とかも、ボヤッとしてる。


なんで、サイトならサイトの例を示して、
「こんな感じ!」って言うしかないのです。

ほぼ丸パクリされたらそれでいいや、くらいの気持ちで。


ただ、ここまでするには、かなりの数のデザインを見る必要があります。
人のイメージなんて千差万別なので…

普通はそこにたどり着くまでに妥協しちゃって、
ちょっと残念なことになったりとかします。


とにかく、妥協せずにサンプルを探しまくる、
っていうのが、デザインを発注する上で大事ですね。

結局は量、ってことです。

ノウハウの行間を埋めよう

 

教材を買ったりセミナーを受けて、
「その通りに実践しています!」と言っても、
稼げる人と稼げない人がいます。


この違いについてはかなり色んなことが言われていますし、
僕も色んな角度からお話ししてきましたが…

多くの人に、一つ大きな認識掛けていることに気づきました。


それは、
「ノウハウとは、超々膨大である」ということ。


例えば、僕のブログ。

「何かしら学びになることを書こう」と、1500記事くらい?書いてますが、
全て違う内容で、今も続いています。

それでも、eBayやAmazonのノウハウやマインドの全てをカバーするには、
あまりに少ない量です。


当然、1つの教材に、全てを盛り込むなんていうのは完全に不可能。

どんなに素晴らしい教材でも、
「概要」にしかならないのです。

製作者の怠慢とかではなく、仕方のないことです。

そもそも、全てを出しきるなんて不可能なんですから。
自分でも意識してなかったり、忘れてることも多いですし。


なので、どんなに学ぼうとも、自分で「行間」を埋める必要があります。

行間を埋めるには、
・自分で実践をする
・数多くの人から、断片的に情報を集めまくる
この2つしかありません。


特に後者は中々できていないし、難しくもあるのですが…
行間を埋めるには必須のことだとも思います。

下手な文章の最大の特徴

 

今度、僕のコミュニティ「君嶋組」にて、
文章力講座なるものをやろうと思っています。

以前も軽くやったことがあるんですけど、初めて本格的に。


そんな時期なので、人の文章には結構敏感になってたりするんですけど、
最近一つ、「下手な文章の特徴」を発見しました。

それは、
「区切りが存在しない」ということです。

話題の切り替わりの場所がはっきりしないので、
何を言っているかわからない、という感じ。


実際に例を見せた方が早いので、最近の僕の文章をちょっと改変して、
わかりにくくしてみます。



——————————————-

輸出ビジネスで消費税還付っていうのは大きい要素の一つですが、多くの人がここを軽視しています。
消費税還付なんてお年玉のようなもので、計算に入れないほうがいい、みたいな謎の風潮があったりしまが、そんなことは全然なくて、消費税還付も立派な利益です。
計算のときにどう捉えるかで、結果が全然違ってきます。
消費税還付を無視した状態で、利益率を半分にすると、売上が倍になるという人がいたとします。
半分にした場合、売上が倍を超えないと損ですから、半分にしないんですよ。
輸出の場合、消費税還付を受ければ、仕入れ値の8%が戻ってきます。
売上の比でいうと、普通は5%くらいでしょうか?
消費税還付を無視した見た目の利益率が半分でも、実際の利益率は、全然半分になりません。
20%→10%だと思ってたら、20%→15%です。この状態で売上が倍になれば、利益は1.5倍まで上昇します。

——————————————-



まあ、「わかりにくくする」なんてことは普段やりませんので、
かなり雑なのは仕方ないとして…

この日の記事と言ってることは一緒なのに、
かなりわかりにくいですよね?

http://ossblog.jp/archives/5017


これは、

・改行、句読点
・接続詞

こういったものを排除しているからです。

ちょっと文を削除した部分もありますけど、基本はそういった差だけ。


話題の切り替わり、というのは、大きいのも小さいのもあるんですが、
大小関わらず、何らかの区切りを入れるべきだと思っています。

区切りにも大小がありますからね。

句読点だけ、改行する、接続詞を入れる、全然違う話をし始める宣言をする、
とか色々です。



どうも文章がわかりにくい、という人は、
ほとんどがこういった「区切り」がハッキリしません。

まずはそこを見直してみるといいと思います。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。